黄斑変性症 サプリメント

スマホやテレビの画面から発せられているブルーライト、そして紫外線は目に対してとても大きなダメージを与える可能性があると指摘されています。それは、こうした光を浴び過ぎてしまうと瞳に活性酸素が大量に発生してしまうからです。活性酸素と言うのは、とても強い酸化力を持っている物質です。そのため活性酸素は増え過ぎると、健康な細胞や組織、血管などを酸化、つまり錆びつかせてしまいます。細胞が酸化してしまうと、当然、それは本来の機能を果たすことは難しくなってしまいます。また血管に対しても同様で、これはその中を通っている血流にも支障をきたす可能性があると考えられます。こうしたことが目で発生すると、それは目の不調や特定の眼病の発症リスクを高めることにもつながります。たとえば細胞が正しく機能を果たしていなければ、物を視ることに対して支障が出てきますし、眼精疲労からの回復に関しても影響が出てきます。また細胞によって構成されている組織が変性してしまうことで発症リスクが高くなる眼病としては、黄斑変性症が挙げられます。これは瞳の中の黄斑と呼ばれる部分が、活性酸素によるダメージなどを原因として変性してしまう眼病です。黄斑は網膜の中心部に位置している組織であるため、この部分が変性すると物の中心が歪んで見えたり、最悪の場合はその部分がぽっかりと欠けたように見えなくなってしまう恐れもあります。ですからこのような目の不調、眼病のリスクを低下させるためには、活性酸素から瞳を守ることが第一です。ただスマホやパソコンを見るためは、瞼は常に開いている必要があります。同様に紫外線を防ぐために、日光の下を歩くのに瞼を閉じて歩くと言うのも不可能なことです。よって効果的な活性酸素対策としては、サプリを利用して内側から働きかけると言う方法が挙げられます。このようなサプリに含まれている成分として、ぜひとも注目しておきたいのがルテインです。実はルテインはもともと人体にも存在している成分であり、特に瞳の黄斑部には多く存在しています。そのためこれを補うことは黄斑部の機能を補うことであり、黄斑変性症の予防にも効果が期待できるとされています。加えてルテインは、抗酸化力に優れた成分でもあります。抗酸化力と言うのは、活性酸素の酸化力を抑制する力のことです。ですからルテインをサプリで補給すれば、その抗酸化力で活性酸素の酸化力が抑制され、黄斑部をはじめとする目の健康維持に対しての効果が期待できると考えられます。ルテインは食品にも含まれていますが、1日の推奨摂取量を満たすためには、やはりサプリの利用が望ましいです。

 

更新履歴